Once upon a time

いいことあった


今の私の仕事の担当は1年生なのですが、前にコトのいきさつをざっと書いた通り、行き当たりバッタリで行き着きました。 
当然のことながら、学校での教師としての経験は皆無に近い私が突然しゃしゃり出てきた形になったわけですから、事情を知らない周りの先生方の間ではいろんな憶測が飛び交っていたようでした。 
こんな頼りない人の率いるクラスで、生徒は大丈夫なのか? そんな疑問を抱いたのは、当然教師だけではなく、わが子を任せる父兄の中にもいました。 
その中でも一人の父兄の反応は深刻で、担任の先生が産休に入って早々に、自分の子供を担任が産休から帰ってくるまでの間だけ私立に通わせるので、今までの成績表やその他の書類をすぐに用意しろという旨の手紙をもらい、あわててそれを報告した校長から、それがその人が何度か学校側とこの件で話し合いをした後に出した結論だということを知りました。

校長からは、いろんな父兄がいるのだから、気にしないで私ができるだけのことをやればいいんだと何度も言われましたが、どうしても納得行きませんでした。 
私だってがんばろうと思って、がんばればできると思ってこの仕事を引き受けたのに。 
会ったこともない人にそこまで信用してもらえないなんて。。。

会ったこともない。 そうだった。 この父兄とは手紙のやり取りを一度しただけで面識がないんだった。 一回会ってみよう。 会って話をしてみよう。 
そう思い立って、ミーティングの希望を電話で留守電に入れてみたのですが、次の日にもらったあちらからの伝言は「時間がないから無理」というものでした。 

時間がないってことは、会えないってことではないんですね。
なら、こちらからお邪魔してもいいでしょうか?  

会ってどうしようとか、会いさえすれば向こうはきっと考えを変えてくれるはずだとか、そんな確信があったわけではありませんでした。
ただ、どうしても私の気持ちを直に聞いて欲しかったのです。 

がんばりますから。 担任の先生とも長い間相談して、たくさん計画も練っているんです。 
生徒達とやってみたいことがたくさんあるんです。 2ヶ月の間だけですが、一生懸命しますから。 

そうすがりたかったのかもしれません。 やれると思って引き受けたクラスから、1人でも欠けてしまうのがどうしても納得できなかったし、大した努力もなく諦めてしまうのが嫌でした。
明日の夜に、10分くらいならいいです、と言われて、思いつく限りのこれからの仕事を真っ当できるという証になりそうな書類と持って、身の引き締まる思いでその父兄の家に向かいました。 




忙しいんですよ。 電話とか、してこないでください。 
別にもともと信頼してない学校のシステムですから、お構いなく。 
私立に2ヶ月くらい通わすお金ならあるんです。 私が自分であの子の為を思って決めたことですし、学校の決めた方針だというのは何度も聞いていますから。 それよりも早く書類を用意しておいてください。

そんなもんか。 そんなもんだよな、仕方ないよ。 
私だって、立場が逆ならそう思ってたかもしれないし。 
自分の子供のことだもの。 試しにやってみようなんて、誰も思わないよね。 
ちょっとでも疑わしく思ったら、慌てて別の道を選ぶのは間違ってないと思う。 やることはやったんだから、これでいいや。 

結果はまるで出発地点から一歩たりとも前進しないものでしたが、さっぱり落ち着いた気持ちで、翌日さっそくその子供の転校手続きの書類の提出要請をオフィスに出しました。 
一人減っちゃうな~…でも先生が帰ってくればまた戻ってくるか^^  

「書類ができあがりました」の連絡を電話でしようとして、ふと、彼女の冷たく硬い声を聞くのに躊躇してしまって、子供の連絡帳にメッセージを書くことにしました。 

この前は私に時間をくださってありがとうございました。 用意できた書類は、手渡しが郵便になります。 手渡しの場合はオフィスに取りに来てください。 郵便での場合は、その旨私にお伝えください。

少しも傷つかなかったって言ったら嘘になる。 
やっぱり私が真剣にやろうとしていることをわかってほしかったし、信じて欲しかった。 
でも、親として、子供を一番に考えた時、少しでも回避できるリスクを取り除く努力をしようとしている彼女のことを悪く思っているわけではないことを伝えたかったので、言葉を選びながらそれだけ書きました。




あれから一ヶ月余り。 その子は今も私のクラスにいます。 無遅刻無欠席v  
宿題も忘れないし、期限が近くなった図書館の本もきちんとジップロックに入って戻ってきます。お漏らしをたまにしてしまうのですが、毎回きちんとたたまれた着替えがバックの底に入っています。 やっぱり子供のことになると何でもきっちりやってのけるお母さんだと、日々実感できるような父兄の方でした。 

ある日、オフィスから転校手続きの書類がまだ置きっぱなしになっているという連絡が入ったので、もう一度その子の連絡帳に伝言を残しました。 

書類が仕上がっています。 郵送するようにしましょうか?

いつも律義なお母さんなのに、また何の音沙汰もなく日が過ぎていきました。 

そして今日。 朝登校してきたその子の連絡帳に大きな2つ折りの手紙がはさまっていました。彼女のお母さんからでした。

My daughter is doing okay. Please cancel our previous arrangements. I would like for my daughter to stay where she is now.  Thank you.
(娘も何とかやっているようなので、転校の件は取りやめにします。 書類はそのまま在学扱いにしておいてください。 よろしくお願いします。)



月曜日の朝はいつもより大変です。 
子供達もお疲れ気味だったり、私だって週末モードがなかなか抜け切れないところもあるし。 
でも、今日はこれで十分。 これが最高だった。 心の中でガッツポーズ!みたいな(笑)

別に満足してくれてなくてもいいんです。 私のクラス指導なんて、まだまだツッコミどころ満載なんだし。 

(転校させるのも面倒くさいしなー…お金もかかるし。 いいや、このままで。) 

↑これで十分! 大至急で転校させなきゃ!って思われた頃からいうと、これでも進歩なわけだから。 

形にならない努力をたくさんして、形にならない成果をあげることに常に喜びを感じていられるほどできた人間じゃないからね、私は。 
だから、余計にこういう周りから見れば些細な出来事を、前進? 進歩?って自分で勝手に解釈して、で、またこれからの糧にしていきます。

大雨の、灰色な日だったけど。 私の中は一日中晴れてたよ。
[PR]
by 4x4T | 2005-11-22 11:58 | 今日の出来事
<< 感謝祭 11月20日 (日) >>



働く主婦です。        毎日がんばってます。     どうぞよろしくv
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
私のお気に入りリンクv
私が毎日のようにお邪魔してしまうお気に入り♪  管理人の方々それぞれとっても個性的で楽しいです。


◇ワルシャワうわの空
~お弁当編~


◇Mother Leaf

◇ハナウタ

SUNNY SIDE UP*CAFE

脱サラ研究員の妻ラン子の生活

◇☆☆ 結婚します! ☆☆

息子+双子娘 育児日記2.0

サウスキャロライナ・クロニクルII

◇Pink☆frog
tomokerockの今日もしあわせ


◇mon petit cochon

◇Oh! My GodS!

MAIL 使用一時停止
お気に入りじゃないんだけど^^;
ご用の方はこちらまで。 
連絡用にでもお使いくださいv


最新のトラックバック
regis univer..
from regis university
effects peri..
from effects periac..
lulu ffx
from lulu ffx
golf shipping
from golf shipping
jimmy eat wo..
from jimmy eat worl..
nylon stocki..
from nylon stocking..
summary of j..
from summary of jan..
url
from url
1 grader ide..
from 1 grader idea ..
anal big fuc..
from anal big fucki..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧