Once upon a time

コンプレックス

先日、朝8時からのちょっとした表彰式でのんくんも表彰されることになったので、気の利くオフィスの人の好意でちょこっとだけ私も出席することができました。

ちょっと遅れて行くと校長先生がお話をされているところで、のんくんも大人しく他の生徒たちと座ってじっとしいるのが見えたので、私もコソコソと後ろの父兄席に座りました。
お話の後、校長先生のアイディアで父兄が自分の職業と子供の名前を入れての自己紹介をすることになりました。

校長先生の意図はきっと、その自己紹介を通して生徒たちが友達のお父さんやお母さんの職業をより身近に感じたり興味を持つためということなのだと思います。 
現に私がざっと覚えているだけでも、デパートの販売員の方、警察の方、ニュースキャスターの方(TVの印象より小さい人だった(笑))、中古車販売店の経営者、レストラン経営の方、近所で最近オープンしたアイスクリーム屋さんのオーナー(子供達が一番感心してました(笑))、ウェイトレスをしている方、銀行にお勤めの方、スーパーのレジをしている方など…まだまだたくさんいて、大人の私も本当にいろんな職業の方がいるんだなぁと思いながら聞いていました。

その中に、ひとりの小さいお子さんを連れた奥さんがいました。

「専業主婦です、心理学の博士号を持っています。」
(I'm a housewife but, I have a doctor's degree in Psychology.)

忙しい朝の時間、小さい子供を二人連れての授賞式の参加です。 
賞をもらうことになった息子さんの為にがんばって来られたんでしょうが、なんだか面白い自己紹介だな~と思いました。 
確かに努力なしでは取得できない立派な学歴だけど、そんなこと誰も訊いてないのに。 
毎日家族の為に働いてまーす。専業主婦です。というのでは物足りないんでしょうか? 

子供達は無反応だし、私にはかえって彼女のコンプレックスが浮き彫りになったような気がしました。 
その後も自己紹介をする専業主婦の方がちらほらいたのですが、何だろう、、、しょっぱなの彼女の自己紹介の影響なのか、中には「私はただの専業主婦です」なんて言ってしまう人から、もともと外で仕事をしていた自分がどういう過程で専業主婦になったのかをくわしく説明する人もいたりして、何だかフシギな感じでした。 

こういうことをコンプレックスっていうのかしら? 
それともそんなことにいちいち気がついて、意識している私の方が何かコンプレックスを持っているの?  

今のこのご時世なので無職の男性の方もいましたが、おどけて「今は主夫をやっています」と言って笑う人や「今職探し中です」とおっしゃる方もいました。 それはそれで子供達がどう受け取ったのかは分かりませんが、少なくとも私には一番最初の専業主婦の方の自己紹介ほど不可思議な感じには聞こえませんでした。 ますますフシギだ~(・・





私は専業主婦も兼業主婦も経験しました。 
家事はもとから完璧にこなせる方ではないので、外での仕事をしていなかったからと言って、「専業主婦です!」と胸を張って言えるかどうかは夫に聞いてもらわないとわかりませんが、確かにビジネスの世界に置いていかれる~(><)という危機感に焦っていた時期はあったと思います。 
あの頃の自分なら、彼女みたいに自慢するような学歴はないまでも、どうして自分が専業主婦になったのかを小学生相手でもこんこんと語っていたのかもしれません。
せっかくやりたいことがあって、その為にたくさんの時間とお金と労力を使って勉強もしたのに、子供ができてからの調整がつかなくてもたもたしているうちに時間だけが経ってしまう…そんな気持ちでイライラしていた時期でした。 
それでも、どうしても次々に子供が欲しくて(^^;、長女が学校に上がった年に3人目を産めば、2人分(長男+3人目)くらいのデイケア代ならなんとかなるだろう。。。そう思っていた3回目の時に双子の存在が発覚したあたりで、私もようやくハラをくくったのかもしれません(笑)  

私の勤務する学校に子供を通わせているご家庭でも専業主婦の方はたくさんいます。 
昼間の活動も多いPTAやボランティアの仕事の大半はこの主婦の方々によって成り立っているのですが、時に彼女たちと教師の間で対立問題が浮上することがあったりします。 
そして、兼業主婦であるらしい女性教師の開口一番が「だから専業主婦は。。。」というのはめずらしいことではありません。 
「世の中を知らなすぎるのよね~」「暇だからよ」「彼女って典型的な専業主婦よね!」となるのです。 
 
私の専業主婦暦は期間限定であったため(だって~お金ないんだもんw)、このままずっと専業主婦をやっていくつもりの人達の本当の意味での焦りとか苦悩はわかっていないのかもしれません。
職探し中の人間も同じことです。 就職先を探すということは、自分を必要としている会社、あるいは組織を見つけるということです。 
「必要とされている」という実感を、子育てや家事の中だけに見出せないような時、専業の道を選んだ人間は焦りを感じるのかもしれません。
私も昼間仕事に出る身となった今、「家族以外の人間にも必要とされている」という実感に対する欲求は満たされましたが、もっと家族に手をかけてあげられたり、自分の自由な時間のあった期間を懐かしく思うことがあります。 
あの頃肩の力を抜いて、目の前、身の回りにあることを楽しんでおけばよかったなんて、今更ですが、思ったりします。 
結局のところ、お互いが羨ましいだけな専業主婦vs.兼業主婦問題なのかもしれませんが、いざとなったら「税金を払っている」、「お金を家に入れている」、という口実のある兼業の身よりも、家庭に入った主婦達は自分の貢献の度合いを目に見えるもので表す機会が少ない分、自分の立場に負い目に感じてしまう部分があるのかもしれません。


表彰式は無事に終わって、のんくんにバイバイを言って廊下に出たとき、ピンクのセーターを着たその彼女がちょうど私の前を歩いていました。 
アメリカ人にしては小柄な女性でしたが、グズる子供を器用に片腕でひょいと抱きあげ、もう片方の腕でベビーカーを押して去っていきました。  ちょっと前までの自分を思い出すな~^^ 


がんばれー…


そんな彼女にエールを送りたい気分でした。
[PR]
by 4x4T | 2006-01-27 08:18 | 独り言
<< 午前10時22分の男 雑談 >>



働く主婦です。        毎日がんばってます。     どうぞよろしくv
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
私のお気に入りリンクv
私が毎日のようにお邪魔してしまうお気に入り♪  管理人の方々それぞれとっても個性的で楽しいです。


◇ワルシャワうわの空
~お弁当編~


◇Mother Leaf

◇ハナウタ

SUNNY SIDE UP*CAFE

脱サラ研究員の妻ラン子の生活

◇☆☆ 結婚します! ☆☆

息子+双子娘 育児日記2.0

サウスキャロライナ・クロニクルII

◇Pink☆frog
tomokerockの今日もしあわせ


◇mon petit cochon

◇Oh! My GodS!

MAIL 使用一時停止
お気に入りじゃないんだけど^^;
ご用の方はこちらまで。 
連絡用にでもお使いくださいv


最新のトラックバック
regis univer..
from regis university
effects peri..
from effects periac..
lulu ffx
from lulu ffx
golf shipping
from golf shipping
jimmy eat wo..
from jimmy eat worl..
nylon stocki..
from nylon stocking..
summary of j..
from summary of jan..
url
from url
1 grader ide..
from 1 grader idea ..
anal big fuc..
from anal big fucki..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧