Once upon a time

嫌い

自分の更新パターンが解読できつつある今日この頃です。

あのね、もちろん忙しくてPCの前に座る時間があんまりないときもそうかもしれないけど、リアルの生活の中で大人と会話する機会が多い期間は更新が滞るみたいw
この時期はBBQパーティだの水遊びだのって、結構友達とゆっくり話せる時間が多かったりします。 みなさんはお元気ですか?

____________________________



昨日のTボールの試合で双子のTボールも残すところあと練習、試合、一回ずつになりました。少しは野球の意味もわかってきたかな? 
ふたりともTボールが大好きになりました。

Tボールのコーチは、メインのコーチの他に3人アシスタントがいます。 
選手達が小さくて、野球のルールを知らない子供達ばかりなのでたくさんのお手伝いがいるのです。  その中には私の友達のひとりも含まれています。

この日は正味1時間程度で終わる試合(といってもスコアは記録してなくて勝ち負けもない)に30分くらい遅れてきた子供がいました。  
夏休みに入ってからというもの、練習や試合に参加する子供達がガクンと減って、この日も試合ができるかどうかの瀬戸際だったのですが、最後の最後で1人遅れてやってきてギリギリのところでプレイボールとなった試合でした。  
そんな試合にもう1人、30分遅れて来た子がいたのです。  

アシスタントコーチではない私の仕事は、ベンチにスタンバイしてバッターを背番号順に並べて座らせたり、待機中の子供達がふらふらいなくならないように目を光らせることです(^^;
3番目のバッターをマウンドに送り出した時にその遅れて来た親子が到着したのですが、以前から友達のアシスタントコーチが取った態度にちょっとびっくりでした。

「試合はもうすぐ終わるんですよ。 今頃来られてもジェイソンくんが参加する場所はもうないんですよね~  今日はどこに行ってたんですか? 試合が9時からってご存じなかったですか?」


バツが悪そうに立っていたジェイソンのママは、いや、今日は10時からだと思ってたとか、本当は(ジェイソンの)叔父さんが連れてくるはずだったとか慌てて言い始めたのですが、私の友達はニコっともせずに、「こんなに遅れて来ても意味ないでしょう。  野球はチームでやるスポーツなんだから、ちゃんと親が責任持って試合に時間通りに来るくらいのことは最低限でもやってもらわないと…」と、聞く耳を持ちません。  
ひとしきり正論を述べて気が済んだのか、彼女はマウンドに戻っていって、ジェイソンのママは「すぐ戻ってくるので」と私に言い残して行ってしまいました。

なんだかわからないまませっかくユニフォームを着て出てきたジェイソンがかわいそうになって、渋る友達コーチを説得して最後のバッターの後にジェイソンもバッティングできることになりました。

別にね、、、勝負のある試合でもないんだから、遅れて来たって参加できるんですよ(^^;
危うく人数不足になるかもしれなかった試合に大幅に遅刻してきたことに腹を立てるのはわかるんだけど、「楽しみながら野球のルールを学ぶ」というのがモットーなハズなのに、私は彼女の方がちょっとおかしいと思いました。

試合は無事に終わりましたが、それでも彼女の苛立ちは収まらないのか今度はその試合をマジメに見学しなかった母親を非難し始めました。

だって、ジェイソン参加できないってアナタが言ったんじゃん(^^;  

そうツッコむ私にはお構いなしで、

「ああいう母親が一番腹立つのよね~ いつも自分のことばっかりで。 みんなに迷惑がかかるかもしれないとか、そういうことは全然気にならないのかしら。 だいたい子供だって可哀相。」

彼女の言葉は続きます。 
試合の後のおやつの時間になった時、やっとジェイソンのママが戻ってきました。

ヒット打ちましたよ~!^▽^
がんばって出てきた甲斐がありましたね!!

そう話しかけて嫌なムードを誤魔化そうとした私の気も知らずか、彼女はジェイソンのママに追い討ちをかけました。

「おやつは試合でがんばった子がご褒美に食べるものなんですよね」

おやつの入った紙袋を配るお手伝いをしていた私の長女が、ちょっとびっくりして私と彼女の顔を見上げます。 


おぃおぃ、いくらなんでもそれは言い過ぎでしょう(="=)


ママが何か言おうとする前に、私が彼女の目の前の紙袋を掴んでジェイソンに渡しました。

はいどうぞ~! ヒット打ってすごかったね!  ジュースもあっちにあるからね。

彼女をちょっと睨みながら渡しました。


結局ジェイソンとそのママはおやつをもらってから早々に帰っていき、彼女は他のコーチたちと不満炸裂でした。

「練習にも来たことないでしょう?」
「たまに試合に来る時もいつも遅れてくるし。」
「ああいう無責任な親は私我慢できないのよね!」
「子どもがかわいそう。。。」
「どうせマジメにしないんなら、どうしてチームに参加することにしたのかしら」


2年前からの知り合いの彼女は、この夏離婚が成立したらすぐに実家のあるアリゾナに2人の女の子を連れて引越しです。  
いつも自分の感情に正直で、はっきり物を言うタイプの彼女とは知り合ってからすぐに気があって仲良くなりました。  
いつもはしっかりしていてなんでもほぼ完璧にこなす「賢い母」の彼女はプールつきの大きな家に住んでいるのですが、離婚がとうとう決まったとき「今度引っ越す場所にはプールがないの」と電話口で号泣するようなかわいいところのあるヒトです。

何にでも一生懸命なところが好き。
正直なところが好き。
友達に優しくて、頼りがいのあるところが好き。
いろんなことに物怖じせずにチャレンジできるところが好き。
何でもやりとげてしまう、そういう責任感のあるところが好き。
何よりも自分の子供達が大好きなところも好き。

私にはまねできないようないいところがたくさんあって、尊敬できる友人の1人です。

でも、一生懸命すぎて時々周りの人間に対して容赦ない態度をとるところは、嫌い。


ジェイソン親子をはじめ、今までに出会った「無責任な親」をネタに他のコーチ達といつも以上に盛り上がってる彼女と目が合ったけど、私はそのままいつもより早めにグラウンドを後にしました。  

ジェイソン親子にどんな事情があるのかは分からないけど。 
もしかしたら、彼女が言うとおり無責任なだけかもしれないけど。
みんながみんな彼女みたいに強くないし、いろんな事情でいつも子どもを一番にできない家庭だってあるんだよ。

今日の夜はBBQパーティがあります。  Tボールのコーチや、父兄も何人かくるみたい。
きっと彼女は昨日のことはとっくに忘れて機嫌よく私に話しかけて来るんだと思います。
そして、きっと私も笑って話をすると思う。  

夏が終わったら彼女とは物理的にはずいぶん遠くに離れてしまいます。
新しい土地でも彼女にたくさんのいい出会いがあればいいんだけどな。


ああ、それにしても暑い一日でした! 
天気予報によると来週もこの暑さはほぼ毎日続くらしいです。  
暑いとイライラして、心に余裕がなくなったり「嫌い」という感情もいつもより強く感じたりするんだよね(^^;
夏はまだまだ始まったばかりです。 ダラけてないでがんばらなくっちゃ。



  
[PR]
by 4x4T | 2006-06-11 21:40 | 独り言
<< 燃える炎はどこから来たか 文通 >>



働く主婦です。        毎日がんばってます。     どうぞよろしくv
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
私のお気に入りリンクv
私が毎日のようにお邪魔してしまうお気に入り♪  管理人の方々それぞれとっても個性的で楽しいです。


◇ワルシャワうわの空
~お弁当編~


◇Mother Leaf

◇ハナウタ

SUNNY SIDE UP*CAFE

脱サラ研究員の妻ラン子の生活

◇☆☆ 結婚します! ☆☆

息子+双子娘 育児日記2.0

サウスキャロライナ・クロニクルII

◇Pink☆frog
tomokerockの今日もしあわせ


◇mon petit cochon

◇Oh! My GodS!

MAIL 使用一時停止
お気に入りじゃないんだけど^^;
ご用の方はこちらまで。 
連絡用にでもお使いくださいv


最新のトラックバック
regis univer..
from regis university
effects peri..
from effects periac..
lulu ffx
from lulu ffx
golf shipping
from golf shipping
jimmy eat wo..
from jimmy eat worl..
nylon stocki..
from nylon stocking..
summary of j..
from summary of jan..
url
from url
1 grader ide..
from 1 grader idea ..
anal big fuc..
from anal big fucki..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧