Once upon a time

呪いの館 パート2

なんとなく「呪いの」なんてタイトルにしてしまいましたが、心霊現象などのオカルト的な要素はまるでありませんので、あしからず。 
私が新婚当初初めて住んだ新居でのすったもんだのお話です。 

よかったらパート1から読んでください。
話の流れが読める…かも……デス。

右の【家自慢】のカテゴリでも見つかりますよん



***                  ***                 ***


初めてその物件を訪れた夜から間もなくして、私と夫はその部屋に引っ越しました。 
その頃の2人には大した荷物はありません。 
中型トラック一台で夫の友達にも手伝ってもらって、その日の午前中のうちに引越しは終わりました。

昼間の明かりの中で見た室内は、夜の電灯の明かりに照らし出されていたときよりも色あせ、ペンキもあちこちはげかけていて、初日の記憶よりもさらにみすぼらしく見えましたが、駐車スペースになっている空き地のすぐ向こう側には波がみえて、潮の香りがしました。

リビングの床には夜来た時に点いていた電球がなぜか粉々に割れたまま放置されていましたが、それを片付けている時に床にある節穴に気づきました。 
かなり大きなその穴を何気なく覗くと、無人の下の階の部屋が丸見えです。 
もともとサマーハウスとして建てられたこの家屋の床はベニヤ板一枚だけで仕切られていて、断熱材やその他の防音効果の処置は何一つされてないことにその時初めて気づきました。

その他の買出しもいろいろあって、晩御飯もすませてその日やっと新居に帰りついたのは夜も更けてからでした。 昼間留守だった一階にも明かりが灯っています。 
車を降りると寝室にある電話の鳴る音が聞こえたので、慌てて私だけ先に階段を上がり、電気のスイッチを探すのも面倒だったので電話に灯る赤いライトを目指して暗がりの中を寝室まで入りました。 

電話は引っ越す前の土地の仲の良い友達からでした。  

そのままベッドを背もたれにして床に座り込み、他愛ないその日一日のことをあれこれと話し込んでいると、後から入ってきた夫がキッチンの電球を替えてパッと点いた明かりにリビングが浮き上がりました。 
今度は寝室の明かりをつけようと探る夫の手を無意識に眺めながら、私は電話に夢中でした。
寝室の明かりもなんなくついて、照らし出された夫の顔には想像していた笑みはなく、こちらを凝視するその顔は緊張してこわばっていました。 
一体どうしたのか尋ねようとした瞬間、自分の顔のすぐ側でする羽音に気づき、反動で目を床に移して見たものに凍りつきました。





スズメ蜂のような大きな蜂でした。

e0014445_3373527.jpg

                    イメージ画像



毒々しいオレンジと黒の縞模様の蜂が無数に床を這いずり、中には私のジャケットを伝って肩の方まで登ってきているものもいました。
声も出せないまま夫を見上げると、私の髪の毛に登っていた蜂をタオルで叩き落とそうとしているところでした。

動かないで。 絶対動かないで。

静かな声で短くそう言う夫の声が聞こえて、私の肩や頭に登っている蜂に神経を集中させている夫を見てから、私は息を止めたままただ目を固く瞑りました。

風を顔に感じて髪の毛が顔にかかり、一気に夫に引っ張りあげられて、次の瞬間私はリビングの床に立っていました。
ヒザの上にあった電話が受話器と共に音を立てて床に落ちるのがドアの閉まる音とほとんど同時に聞こえたような気がしました。 
まだ息を止めたまま一言も発せずにいる間に、夫は私の身体から叩き落とした蜂を踏み潰してトドメを刺しました。 

ジャケットを脱ぐとジーンズの後ろの部分にも3匹。 
背中にも一匹。 
我に返って周りを見回すとリビングの壁にも何匹かくっついていたのですが、不思議と羽音をさせる蜂はいても飛び回っているものはいませんでした。

大家さんに連絡しようにも、家にただひとつの電話は寝室の中。 
唖然としたままソファに座っている間に、寝室のドアの隙間からまた何匹か這い出してきました。  タオルでその隙間に蓋をしたものの、下の階の人に電話をかりることはその時は思いつきませんでした。

明かりの点いたままの寝室からは、はずれた受話器の『ビビビビビ』という耳障りな音が一晩中聞こえて、頭や首筋に何かが這っているような錯覚に何度もビクっとさせられながら、リビングのソファーの上で最初の一夜を明かしました。
[PR]
by 4x4T | 2006-06-30 03:38 | 家自慢
<< 1周年 近況報告 >>



働く主婦です。        毎日がんばってます。     どうぞよろしくv
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
私のお気に入りリンクv
私が毎日のようにお邪魔してしまうお気に入り♪  管理人の方々それぞれとっても個性的で楽しいです。


◇ワルシャワうわの空
~お弁当編~


◇Mother Leaf

◇ハナウタ

SUNNY SIDE UP*CAFE

脱サラ研究員の妻ラン子の生活

◇☆☆ 結婚します! ☆☆

息子+双子娘 育児日記2.0

サウスキャロライナ・クロニクルII

◇Pink☆frog
tomokerockの今日もしあわせ


◇mon petit cochon

◇Oh! My GodS!

MAIL 使用一時停止
お気に入りじゃないんだけど^^;
ご用の方はこちらまで。 
連絡用にでもお使いくださいv


最新のトラックバック
regis univer..
from regis university
effects peri..
from effects periac..
lulu ffx
from lulu ffx
golf shipping
from golf shipping
jimmy eat wo..
from jimmy eat worl..
nylon stocki..
from nylon stocking..
summary of j..
from summary of jan..
url
from url
1 grader ide..
from 1 grader idea ..
anal big fuc..
from anal big fucki..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧