Once upon a time

幸せの条件と物欲意識

今日も雷(==)

貴重な週末に、雷くらいで何もしないなんてことはできないので、やりました、庭仕事。
最近暑くてね、放ったからしにしていたら、雑草が繁殖してとんでもない事になっていたので。
雷がピカゴロいったりしてクソ蒸し暑い最中、買ってきた日々草を植えたり、半死状態のインパチェンス達を移動したり…。 暑いし、外には雷サマがいる!というので、子供達は皆家の中。 
邪魔(w)が入ることもなく、久々に単独での力仕事だったので、いろいろ考える時間がありました。

実家に住んでいた頃、同居の祖父が花栽培が大好きで、年中花が咲き誇る庭を眺めながら過ごしました。  その頃は自分で土いじりをすることはなかったのですが、アメリカでやっと自由な一人暮らしを始めた頃、大好きだった祖父の花壇を思い出して、小さな鉢植えをアパートに置きました。 

ガーデニングの知識なんて皆無だった19~21才の頃。 金銭的にも常に切羽詰った状態でもありました。 そんな時期にスーパーのレジ付近に雑然と並べられた$1均一の植物が目に留まり、財布に余分の$1があるかどうか確かめた後、そのなかの一鉢をほとんど衝動的にカートに入れていたのです。 ボロアパートまで持って帰って、ベッドの脇に棚代わりに置いてあったスーツケースの上に置きました。 
やっと米国に戻って、念願の1人暮らしの生活をスタートした時。 ベッドとイスだけのTVもない部屋でしたが、1人前の大人になった気分の私はとっても幸せで、その小さな緑と祝杯を挙げるような浮かれた気持ちでお水をあげました。

そして月日は流れ、在学中に夫と結婚し、今度は2人での貧乏生活が始まりました。 ボロアパートを出て、引っ越した先は2階建てのビーチハウスの2階。 場所的には治安は少しはいい場所に移ったものの、環境としては、断熱材もないベニヤ板(?)一枚で仕切られたようなただの掘っ立て小屋同然のたたずまいだったので、もっと悪くなっていたのかもしれません。 その頃には前に買った植物はとうに枯らしてしまっていたので、残っていた鉢を窓際に置いて外の土を入れ、チューリップの球根を1つ植えました。  1月に顔を出した芽はただひょろひょろと伸びて花は結局見れなかったけれど、夫と2人で葉っぱだけのチューリップと写真を撮ったりしました。 律義に水もあげていたので、葉チューリップはその年の秋頃までは私たちと生活を共にしたと思います。

そのチューリップが枯れた頃、私たちは順番待ちをしていた社宅にやっと引っ越して、その秋新居の玄関の片隅に植えたチューリップは、春にはめでたく咲いてくれました。

それから約12年の間、たくさんの引越しを繰り返し、その度に私は花を植えました。 それは庭の片隅だったり、プランターだったり。 その土地の気候に合った育てやすい花を植えて最低限の世話の仕方を覚え、花が咲くと嬉しくなりました。 失敗を繰り返し、少し勉強もしたりして私の植物栽培の知識が増えると同時に、植えた花が途中で枯れることなく花を咲かせる確立も上がって来ました。 


去年初めて家を購入しました。 買った家には大きな花壇がありましたが、長年手を加えられていなかったのか荒れ放題でした。 手入れがし易いように、この際だから花壇を小さくすればと夫からは勧められたのですが、両隣もお向かいもきれいで立派な花壇があって、緑に茂っています。 わたしもがんばらなくては。。。 そんな気持ちで、引っ越してからすぐにヒマさえあれば私は外で庭仕事をしていました。 

雑草や枯葉を処分して、土を掘り返してほぐしてから、ホームセンターでたくさん売られているお花を買ってきては植えました。 雑草を抜いて、水や肥料をあげて…。 秋にはそれなりに庭らしくなってきました。 植えた植物が根付いて大きく成長し始めるのが楽しみでした。 花が咲いてくれると嬉しかった。 ここは冬の天候もとてもマイルドなので冬の間も咲く花がたくさんあります。 今年の春先には冬の間中咲き続けて枯れてしまった1年草をかたづけて、秋まで咲いてくれる花を植えました。 


春先のある暑い日、汗をかきながら庭仕事をしていると、今まであまり面識のなかったお向かいの奥さんに話しかけられました。 






「たいへんね~ 暑いのに。 庭をいじるのが好きなの?」

いや~ みなさん綺麗にしているじゃないですか。 うちだけ雑草だらけじゃ悪いもの…なんて言いながら腰を伸ばした私に、その奥さんは親切で言ってくれたのだと思います。

「庭作業をしてくれる人を雇えばいいのに。 専門だしね、少しの費用で毎週来てくれるのよ。」

そう言って、ここら辺の近所の人達のほとんど皆が利用しているという園芸の会社の名前をメモして私にくれました。 

その時まで私は、ご近所さんもうちのように皆自分で庭の管理をしているのだと思っていました。 あんまり見かけないな~一体いつやってるんだろう、くらいは不思議に思っていたけれど、たまにドライブウェイに停まっていた業務用のトラックの意味にはまるで気づいていませんでした。  

うちの家族は、長女が評判のとても悪かった地元の公立ミドルスクールに進学しなくてすむように、今の土地に引っ越してきたのです。 大学に行きたいとなったらなんとかできるように、ひとりひとりに生まれた時から、学費貯金の積み立ては続けているけれど、今子供達全員を私立のミドルに行かせるような余裕はうちにはまるでないのです。 でも、家を買うなら夫の仕事から住宅手当がいくらか出してもらえる。 そういう状況で、住宅ローンも夫婦の収入でギリギリでいける範囲の家をやっと見つけて引っ越してきた私たちなので、その奥さんのいう少しの費用を払って、自分でもできる庭仕事を業者の人に委託するのは贅沢すぎました。

近所の人の言う、少しの費用が自分たちにはちっとも「少し」じゃないこと(笑)を知ってしまった私は、それからの庭仕事があまり楽しくなくなりました。 メモをもらったのに、私がまだ外でドロにまみれてチンタラ庭仕事をしているのを見たら、あの奥さんはなんと思うだろう。 「電話しないの? どうして?」って、もし聞かれたら何て言おうか。 泥だらけのスコップを握って庭に立つ自分がカッコ悪く、ミジメに思えました。 せっかく咲いてくれているパステルカラーのインパチェンスまでなんだか色あせて見えて、庭に出るのが億劫になっていました。 何度かちょこちょこ雑草の手入れをしたくらいで、この夏の暑さも手伝って、この夏は玄関側の花壇のことはほとんど忘れて生活していました。   

今よりも何倍も質素な生活をしていた頃は、そんなつまらないことで、自分と他人を比べたりすることなんて、夢にも思わなかったのに。 自分のやりたいことをやりたいようにやって、それに充実感を感じて何の疑問も抱かなかった。 花の咲かないチューリップと写真を撮ったり、スーパーで買ったじゃがいもで芽が出たヤツをプランターに植えて、近所の子供達を集めてお芋堀りしたり、5分で手入れの終わるような小さな花壇に咲く花を見て喜んでいたのに。  


昨日、この春植えた花達がだんだんしおれて雑草ばかりが目立ってきた花壇じゃなくて、馬鹿げた自意識過剰の劣等感からそれを見ないようにしながら玄関先を通り抜けるのが癖になっている自分にふと気づいて、おぞましく思って嫌気がさした。 
おーっし、明日はやるぞっ。 雨が降っても雷鳴ってもやるぞーっと心に決めて、テンション高いまんま床につきました(笑)  

今朝は早くに起きて、まずは生い茂っている雑草取りから始めました。 約3時間後、長女と一緒にホームセンターで花を買ってきて植えました。  お昼ごはんの後もう一度外に出て、作業が一段落して、スッキリした家の花壇を見て、心もスッキリ☆ 

私は幸せなのに、自分の大切なものはちゃんと手元にあるのに、何を血迷っていたのかな。 いつの間にか物欲意識の波に飲まれて、私は幸せになるためにどんな条件を探していたのか。 人が幸せになる絶対的な条件なんていうものはない。 健康だから、裕福だから、って、他人が持っているものを手に入れたから幸せになれるものでもないし、病気だったり金銭的に貧しかったりすることが必ずしも不幸とも限らない。 誰かの歌にもあったように、幸せなんて人間が「なる」ものではなくて、「感じる」ものなのにな。 自分が持つべきものが持てたとき、なるべき状況になれたとき、それに幸せを感じることを、私はいつから忘れてしまっていたのか。

見栄を張って大きな花壇のままではじめてしまった花壇だから、1人じゃなかなか手に負えない作業になるけれど、これからもがんばろうと思いました。 死にかけのインパチェンスも移植してから水をあげたら、秋までにはまた花を咲かせてくれるかもしれません。 うん、まだまだいける!、自分の小さな幸せの条件が、消えてしまう前にもう一度捕まってよかったな~なんて思いながら、スコップをザクッともう一度、力を込めて土に突き刺しました。
[PR]
by 4x4T | 2005-08-14 08:53 | 独り言
<< 双子物語1 ~ My deci... 振り向けば、君がいるw >>



働く主婦です。        毎日がんばってます。     どうぞよろしくv
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
私のお気に入りリンクv
私が毎日のようにお邪魔してしまうお気に入り♪  管理人の方々それぞれとっても個性的で楽しいです。


◇ワルシャワうわの空
~お弁当編~


◇Mother Leaf

◇ハナウタ

SUNNY SIDE UP*CAFE

脱サラ研究員の妻ラン子の生活

◇☆☆ 結婚します! ☆☆

息子+双子娘 育児日記2.0

サウスキャロライナ・クロニクルII

◇Pink☆frog
tomokerockの今日もしあわせ


◇mon petit cochon

◇Oh! My GodS!

MAIL 使用一時停止
お気に入りじゃないんだけど^^;
ご用の方はこちらまで。 
連絡用にでもお使いくださいv


最新のトラックバック
regis univer..
from regis university
effects peri..
from effects periac..
lulu ffx
from lulu ffx
golf shipping
from golf shipping
jimmy eat wo..
from jimmy eat worl..
nylon stocki..
from nylon stocking..
summary of j..
from summary of jan..
url
from url
1 grader ide..
from 1 grader idea ..
anal big fuc..
from anal big fucki..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧