Once upon a time

カテゴリ:今日の出来事( 65 )

夏の日

去年は家族揃って花火を見あげた7月4日の独立記念日も、今年は親子三人で、自宅で静かに過ごせました。 (BBQパーティとかには行ったけどね^^)  
この日ばかりはいつもひっきりなしにドアベル攻撃を仕掛けてくる近所の子供達も家族で過ごしているのか、静かだった午後はトランプをして遊んだり、絵本を読んだり、親子水入らずでまったりできた時間でした。

そんな祭日も過ぎて、毎日遊んでばっかりで怠けていた家事を今日こそはやろうと思って大したプランも立てずにいた今日、結局お昼をChuck E. Cheese'sに行くことに突然決めました。  

外に出ると、強い日差しにガツンと頭を殴られたようで、うだるような暑さと湿気でした。
まずは汗だくになりながら元気のない玉シダに水をあげて、温室状態の車に3人で乗り込み、久しぶりのChuck E. Cheese's へと向かいました。

子供達2人の相手って、余裕で一緒に遊べますね!
いや、ちゃんと手をかけて子育てしていれば一人でも二人でもそれなりに大変だとは思うけど、私の手抜きは2人になっても4人の時と変わらないんで、まるで何もしてないような気分でした。

ひとしきり遊んだ後、、ピザを頬張りながらのんくんがふと窓の外に目をやりました。


「あ! 雨じゃない!?」


そう言われて振り返ると、外はいつの間にか真っ暗で雨雫が窓についています。  
「ほんとだー」と言いかけたところでピカッと白い稲妻が走りました。



雷だー 帰らなくっちゃ!!!



雷恐怖症のヤツをうちに置いてきてしまっているのです。 
「ええ~ いやだ~ もっと遊ぶの~」なんてブーイングを覚悟していると思いがけず、「早く帰らなくちゃ。 かわいそうだもんね。」と2人の意見が一致して、遊びもそこそこに慌ててピザを詰め込んでレストランを後にしました。



車がハイウェイに出た頃には雷をともなった本格的な集中豪雨になっていました。
普段なら50マイルで行ける道をみんな20マイルでノロノロ運転です。  
それでも時折目の前の道路が見えなくなって、私はシートから身を乗り出しながら冷や汗をかいていました。   

久しぶりだな~ こんな大雨。

後部座席ののんくんとまーくんはというと、そんな私の緊張はよそに、遊びを中断されたにもかかわらず楽しそうにおしゃべりしていました。  
ちなみに今回のお題は「ヒトの脳みその色」w
運転してない人にはこんな雨も全然怖くないのね(^^;


今日は早く帰らなくちゃいけなかったけど、おりこうにしてたからまた連れて行ってあげるねv


帰る時もおりこうで、車の中でもご機嫌な2人に何となくちょっとホッとした私がそう言って、
同時に顔を上げた二人は、

「うん! 今度はみんなで来よう!」

と言ったのには、私の方がちょっとビックリ。


『邪魔な2人が帰ってくる前にまた内緒で行こうねー』じゃないのかい(^^;


好き勝手命令したり、イヤガラセをしたりするお兄ちゃんやお姉ちゃんがいなくてせいせいしているのかと思ってたら…。
やっぱりちょっと寂しいのかな~

あー2人だけって楽♪なんて思っていた自分がちょっと後ろめたくなりました(^m^


キャーと叫びながら、車からほんの2メートルの距離を猛ダッシュで玄関に走ったけれど、やっぱり3人とも頭からびっしょびしょになりました。
でも余裕のある日はそんなことまでなんだか楽しくて、3人でクスクス笑いながらドアを開けると、情けない顔をしたワンコが出迎えてくれました。


こんなことを書いている間に雷の音はだんだん遠のいて、こんななんてことない夏の一日がまたゆっくりと過ぎていきます。


e0014445_730197.jpg

[PR]
by 4x4T | 2006-07-07 04:34 | 今日の出来事

関係者以外立ち入り禁止

たった今っていうか1時間もしないくらいさっき、↑のタイトルのような立て看板でも道沿いにある郵便受けに貼り付けたいような出来事がありました。


私の実家に滞在中の子供達と電話で話していると、「ピンポーン」とドアホンが。
きっとまた近所の子供達だと思って、部屋で遊んでいた双子が玄関に走って行った後を余裕で歩いてついていきました。

ええ、この辺はまだまだこんな感じで、のどかなんですよ。
真昼間に訪問客の予定もないのに「ピンポーン」って鳴ったからって、押し入り強盗だと決め付けなくてもいいような場所で暮らしています。

息子が開けたドアの向こうにはスーツを着た大柄な男性が2人立っていました。 
彼らの向こうには道路にエンジンかけっぱなしで停めているスモークのかかった白いバン。
中にはもっと人が乗ってそうな感じ。
ちょっと緊張はしたものの、その男性はふたりともニコニコ。

アレですよ。 セールスマン特有の、偽笑いみたいな(^^;
あーヤラレタ(><)、ドア開けるんじゃなかったと思いましたがちょっと遅かった。

聞いてみると案の定、「すぐそこ」に開店したお店のプロモーションだとか。
「すぐそこ」ってどこだよ(^^;  
ここは学校も入ってるような巨大住宅地の、それも一番奥だし。

いや、電話中だから、国際電話だからね。 悪いけどさよーなら~とドアを閉めようとしたら、その男性の1人は戦法を変えて、私のまん前のドアの敷居の上に立っていたのんくんに中腰になって話しかけ始めました。

「ボクはおりこうそうだね~ 毎日いい子にしてるよね?」

ちょっと人見知りはするけど、素直な5歳児ののんくんは、緊張して真顔のまま深く頷きました。




本人、毎日いい子にしてると思っているらしい。。。(^m^




「じゃ、おじさんがご褒美にコレをあげよう♪」

差し出されたのは大きなペットボトルのペプシでした。  


いやいや、得体の知れない人からもらったソーダなんて飲めないから…とは思ったけれど、実家でお風呂から出たばっかりのハイな子供たちとの電話は継続中。 
いろいろいっぺんに考えながら、ま、いっか、面倒だからさっさと帰ってもらった後で捨てちゃえ!と思って成り行きを見守っていました。  

じゃ、もうこれで~ 忙しいですから^^

「いやいや奥さん、お見せしたい品物が2,3あるんですよ。 どうですか? すぐ済みますので…」

いや、別に買いたい物なんてないし、興味ないんで。。。

「5分もかかりませんから。 絶対見て損になるものじゃないから、それはボクが個人的に保障しますから。」


…電話片手に曖昧な応対してたからか、ずいぶん甘く見られたもんですw




個人的な保障ってなんだよ



いらん言うてるやろ




舐めてんのかゴルァ(▼▼)=3




気持ち的にはこんな感じで、丁寧にかつキッパリとお断りしたら、みるみる相手の表情が変わりました。
急にふんぞり返って、ふてくされた態度になって、そーですか、どーしてもダメですかっって、さっきとはうって変わってドスを利かせた声でr半ば脅し?みたいな。

ガラわるぅ~(・"・  

そう、ちょうど夫に「明日友達と映画に行っていい?」って聞いて、「あー明日も仕事なんだよ~(だから子守できないの意)」って言われた時の私の態度みたいなね。。。w



はい^^  今もこれからも全く興味ないんで、もう絶対来ないで下さいねv 
ペプシ返すからとっとと消えてくださいv うふv  



って言おうとした矢先、

「キミの近所の仲良しにもっといい子がいると思うから、これは返してねっ」

って低い声で言って、ペプシを抱え持ってまだ傍にいたのんくんからグイっと乱暴にボトルを奪い取って、「ケッ!」みたいな捨て台詞? 捨て効果音?を残して去っていきました。


のんくんは、突然乱暴に大事に抱えてたボトルを奪い取られてヨロけてたよ(;;)


怖そうな人じゃなければ追いかけて行って文句のひとつでも言ってやりたいところだったのですが、何だか気味悪い人達だったので自粛しましたよ。  あーなんてヤツラw 
これがペプシじゃなくってチョコミルクの瓶だったらもっと悲しかったのかもだけど、のんくんも唖然とした後は平気みたいです。


こんな小さなことで、日本で大暴れして楽しんでる子供達と話せたり、久しぶりのお天気で何だかいい気分で、さ!今日もがんばろう!!って思ってた一日が危うく台無しになってしまうところでした、、、危ない危ない(^^

それにしても、開店早々こんな客集め法で、しかもこんな頭の悪い人達使って(だいたい2人もいらんやんw)盛り上げを図ろうとしているお店ってどんなんよ?
(結局一体どんな品物を扱ってるかって話は一度もしなかったマヌケ二人組み)







あ。 (・・*







…な、なんか逆にちょっと覗きに行きたくなってきたかも(・m・  ←実はこれが作戦なのか?




いやいや、そんなことしないんで、ご心配なく^^  

何か簡単で百発百中の訪問販売みたいな人の撃退法ってないですかね?
[PR]
by 4x4T | 2006-07-01 23:56 | 今日の出来事

1周年

いつの間にか、一年も経ってしまったんですね~^^

1年前はPC部屋が家の別のところにあって、それが非常に私にとって都合の悪い場所だったので(どこだよ(^^;))、よく寝室にPCを引っ張り込んで書いたりしてました。

ブログ開設当時に遊びに行ってコメントを残したのがご縁で今も仲良くしてくださっているネットのお友達とは、もうかれこれ1年近くのお付き合いになったということですか。
ブログを始める前からお邪魔させてもらってたブログの管理人さんとは、それ以上のお付き合いになるということですねぇ…。 なんだか早いな~

自由になる時間に余裕がないのは1年前とそれほど変わりないのかもしれませんが、新しい仕事やその他いろんなことが重なって心にゆとりがなくなったりした時には、公の場で晒せるような内容の文章がなかなか書けなかったりしてしまいます。 
結果、せっかくPC部屋ができたのに、一年前ベッドの上で寝そべって書いてた頃より低い更新率になってしまいました(^^;  
自分のブログ用にも文章が書けないような時は、お友達のブログに残すようなコメントを書くのはもっと無理で、PCの前に座ってボーっとしたり、イライラ歩き回ったり、書きたいことがどんどん頭に浮かぶばっかりで、それがまるで文章として出てこない日がよくあります(笑)

もうすぐ一年が来るし、節目ということでスッパリ辞めてしまおうか、なんて思ったこともありましたが、やっぱりこの1年間でブログを通して私が得たもののことを考えると、またこれからもがんばっていこうかという気持ちになりました。

文章を書くのは楽しいです。  
小学生くらいの頃から大好きでした。  

そして、その「書くこと」の延長線上にまだこんなに楽しいことがあるんだと、そんな発見ができた一年でした。  

そんなワケで、日本ではもう7月になっちゃったけど、今日は私のもうひとつのハッピーバースディです♪

これからも、どうぞヨロシクお願いしますねv
[PR]
by 4x4T | 2006-07-01 09:56 | 今日の出来事

夏休みから夏休み

夏休みに入ってから早くも1週間。。。
ちょっと張り切りすぎたかな? もう海もプールも映画も行っちゃった(笑)
みんなでキッチンのストールのビネガーペイントも始めたよ。 ←ほんと、一気にやりすぎw

日ごろは「学校があるから早く寝なさい」とか、「宿題は晩ご飯前にやっちゃってよ」とか、習い事があったり、私の仕事の準備があったり、眉間にシワを寄せてる時も多いのですが、この一週間はそんな日ごろのストレスもなく、子供たちとの毎日を満喫しています。

昨日から娘の友達がたくさんやってきて、我が家は夜通し大宴会だったらしいです。
「だったらしい」というのは、邪魔にされないならないように私と息子3人は早めに2階の私の寝室に引っ込んで、DVD観てたから。  
昔はよくやってたんですよ、寝室の映画鑑賞会。
双子に授乳しながら夫と、上の子達2人、計6人の大家族(!?)でも、ちゃ~んとクィーンサイズのベッドの上に収まってディズニービデオなんか観たりしてました。 ひとりひとり寝てしまえば、夫がそーっとベッドまで運んで。 この時ばかりは日ごろは持ち込み禁止のポップコーンやジュースも解禁にして^^
昨晩のベッドの上は、ずいぶんでっかくなった息子達3人と私だけだったのにずいぶん窮屈になってました。 最後の方では寝てしまった双子の片割れが2度もベッドからズリ落ちたりしてました(^^;  
そして、映画が終わったらぐっすり寝てしまった双子を何とか起して、目をつぶったままの双子を私と長男で無事寝室まで誘導しました。
…なんだか時代は変わったっていうか。。。子供たちの成長と止まらない時間をひしひしと実感してしまいましたw


さて、「徹夜で騒ぐぞー!」と宣言していた娘とその友達は、予言通り一睡もせずに騒いだようで、朝5時半ごろにはどどどどどっという全員で階段を駆け下りる音で起されました。
キッチンは私の予想通り、お菓子のカラ袋、コップ、お皿、空き缶の山。。。(==)
晩ご飯のピザの残りを冷蔵庫に入れてあったのですが、それもきれいに平らげた模様w
想像しただけで胸焼けしそうなんですが、彼女達は一向に平気でトランポリンを堪能してます。
恐るべし12歳パワーです。

さっきからぽつりぽつりとお迎えが来始めて、最後にひとり、家の人がお迎えに来れない子供を送っていったら、今回のこのスリープオーバーパーティも終わりです。 

友達1  「ミセス・なな、今晩も泊まっていいですか~?」

私     だめ~^^

長男   「じゃ、今晩は僕の番。 ジェイクを呼んで、それから、、、」

私     だめ~^^

双子   「ボクもスリープオーバーしたい~ 誰でもいいから呼んで、、、」

私     だめ~^^

不特定多数の子供達 「じゃ、今日はまたプールに、、、」

私     だめ~^^



今日は私の夏休みです! 
そう宣言します!!  やるのはそう、、、ご飯の用意くらいかな。
後はな~んにもせずに、ゆっくり過ごさせていただきます。 <(_ _)>

だってね、夏休みなんだから。 
明日からまた、いっぱい遊ぼうね。
[PR]
by 4x4T | 2006-06-03 01:08 | 今日の出来事

スポーツジム開校…?

今日は、とうとうかねてからそのチャンスをうかがっていたスポーツジム開幕を果たしました!
経営者は私です!^▽^

早朝7時、自宅で開校となった私のスポーツジムに、昨晩その情報をお伝えしておいた健康を第一に考える人々が続々と集合しました!

初日は満員御礼♪
[PR]
by 4x4T | 2006-05-27 23:29 | 今日の出来事

愛情のサイズ


突然ですが、「私のこと、どれくらい愛してる?」な~んて、30年前の純愛映画に出てくるような質問をしたことがありますか?


私はあります!

子供に、ですが。笑



ママのことどのくらい好き?



やったことない人は、是非一度聞いてみてください。 
小学生くらいだと「な、なんだよいきなり」って逃げられる可能性大ですが(確認済みw)、まだ幼いけれどいろんなことがよくわかるようになってきた幼稚園児くらいだとなかなかおもしろいです。 

またまーくんの話なんですが、別にまーくんだけが特別かわいいわけではないんですよー
ただ、彼はいつもとんでもなく予想外の行動をしてくれるんで、ついついその報告をしてると彼のことばっかりみたいに聞こえてしまいますが。 
なんでしょうね、本人はまるでおもしろいことをやってやろうという気はないらしくて、、、いや、「ここらで一丁笑わせてやるか!」ってがんばる時に限って大しておもしろくなかったりするくらいなんですが(^^;、本人が大真面目で話している時はいつも私を笑わせてくれます。



ママのこと、どのくらい好き?


そう私が聞くと、もっと小さい頃のまーくんは、親指と人差し指で丸を作って「このくらい」って答えて、私は寂しい思いをしました(笑)

少し大きくなると、「こぉ~~~~っれっくらい!」と両手を精一杯広げて彼なりのでっかい愛情表現してくれてました。 
時に走り回ったりも!   う~ん、母、満足v 笑

最近得意なのは、自分の身近で現実的に「好きなもの」とのコラボレーションです。 
彼も賢くなってきたんです。 


ねね、ママのことどんくらい好きなのよ!? 


この頃毎朝学校の、まだ生徒達のいない寂しい廊下で5年生クラスの廊下とキンダークラスの廊下の別れ道まで来た時に必ず聞くようになってます。 ←かなりウザい母親w


「う~んとね、世界で一番大きい…」  目玉をグルッとさせてちょっと考えてから…


「ピザくらい!」


ピザかぁ~。。。 大好きだもんねぇ、よぉーっし、よしとしよう!


のんくんはー? のんくんはマミーのことどれくらい好き?


そばで無表情でボーッと立ってるまだ目が覚めていないようなのんくんに聞くと、


「ふつう」って真顔できっぱり言われました。 
そだよねー 朝からママもまーくんもテンション高すぎだよね。



今朝はたまたま朝ごはんがちょっと遅くなっちゃって、みんなで慌てて食べた朝ごはんだったのですが、いつものマイペースを崩さずいつまでもおしゃべりしていたまーくんは全部食べる前にタイムリミットが来てしまいました。  
べーグルあと3口くらいだったんだけどねぇ。。。それを口に突っ込んで走るという荒業ができないようなヤワな男なのか、きみは…。 ママはいつもやってるでしょ?

車の中でも「怒ってるんだぞポーズ」の腕組みをしたまま無口なまーくん。 
学校に着いて車のドアを開けてもなかなか出てきません。 

学校にはまだまだ早い時間なのに、ママの仕事があるから朝ごはん食べ終われなかったんだから怒ってるんだね。 
でも、他の皆はちゃんと食べたんだよ。 おしゃべりしてたから遅くなっちゃったんでしょ?

のんくんに腕をひっぱられてもガンとして出てきません。


じゃ、もう行っちゃうからね。 ママ遅れちゃうし。 
あ、そうだ、校長先生に来てもらおうか? まーくんが車から出てきませんって言っちゃうよ~


そう言いながらまーくんに背を向けて歩き出してみると、後ろから声が聞こえました。

「マミー…」


行くよ~ 行っちゃうよ~


「マミーはもう教会のドーナツくらいしか好きじゃないからね!」


…。 はて? 教会のドーナツ?? と、一瞬考えて思いつきました。 
日曜日に通う教会の礼拝の後、親睦会のような時間があって談話室にドーナツが並ぶのです。お年寄りから子供まで、このでっかいドーナツを丸々一個頬張るのですが、私にはそれはちょっと… 

だって、毎週毎週お昼ごはんの直前にこのドでかいドーナツですよ?  

それでも子供達はドーナツがどうしても食べたいので、でっかいリングドーナツの横に置いてあるドーナツホール(ドーナツの穴の部分)をひとり一個だけ取って食べるんです。 
「ええ~小さいのじゃ嫌だ~w」とか文句言いながらも、リングドーナツは食べられないので仕方なくそれを食べています。

そう! 今朝のまーくんの私に対する愛の大きさはドーナツホール(笑)

おもしろくなって笑って振り返ると、まだまだふくれっつらのまーくんが立っていました。
普段無口なのんくんが、

「どのドーナツホール? ボクは昨日はプルーベリーのを食べたんだ」

と語り始めると(のんくんもドーナツの話は好きらしいw)、チョコかな? ピンクのもあったよね?と、話題はどんどん逸れていき、まーくんも無事に歩き始めて、3人揃って朝露に濡れた黒いアスファルトの駐車場を後にしました。

そんな風に、あま~いドーナツホールの味の余韻の中始まった、キンダー最後の月曜日も終わりました。


これで双子のキンダー生活もお終い!^▽^

私のキンダーママ生活も、お終い…。^^
[PR]
by 4x4T | 2006-05-23 05:33 | 今日の出来事

平気の平左衛門

e0014445_9491578.jpg
「ななはほんとに平気の平左衛門やねぇ」

子供の頃同居だった祖母によく言われていました。 
母は中学生の時に来た養女だったので、同居だった母方の祖父母にとっても私は初めての子供でした。 
人一倍体が小さかった私が、連れて行った公園などで「あそぼ」と話しかけた時に突き飛ばされたり一瞬でもいじめられるといつもハラハラさせられたそうですが気が強かったからかただ鈍感だったからなのか、当の私はまるで平気で1人でムクっと起き上がって洋服についた砂を払ってまた別の子供に話しかけたり…。  
どうしようかと心配してたんだけど、この子は平気みたいなのよと、帰宅後に母たちとよく笑って話してたそうです。 

ななちゃんは、いじわるされても平気の平左衛門なのよねぇ

そう言って私の頭を撫ぜた祖母は、少し大きくなっていろんなことがもっと分かり始めた頃の私が本当は全然傷つかないほどタフでもないことまで、実はちゃんと知っていたのだと思います。 
プライドが高くて、内心ドキドキしたり泣きそうになったりしていても表向きは平気な顔をしている私の気持ちをちゃんとわかって、でも知らないフリをしてさり気なく見守ってくれていた祖母の気遣いが、小学校高学年から中学生になった頃くらいの思い出の中にたくさん散らばっています。

平左衛門だって、へんなの~

なんて思いながら私がその言葉を口にすることはなかったのですが、最近になって祖母がよく口にしたこの言葉と一緒に時々当時の自分が蘇ります。


そして、我が家の2代目平左衛門は冒頭の画像のこの男(左)です。
彼は4人の子供の中で一番私の性格を受け継いでいるのではないかと思われます。 



まーくん、またいじめられてるのよ~。 アレは止めさせた方がいいんじゃないかしら…

先日廊下ですれ違った彼の担任の先生が心配顔で私にそう忠告してくれました。e0014445_952518.jpg
先生の言う「アレ」とは、コレのことです。→

近所のショッピングセンターの安売りで買ったスクールバッグは、同じようなのを持っている子供達が多くて紛らわしいので、学期始まりの頃からいろんなキーホルダーをつけています。 
すでにお気づきの方もいるだろうと思いますが、彼の選んだキーホルダーは世間一般では女の子色とされているらしいピンクでした。 
ひとつはお姉ちゃんとゲームでがんばって取ったクマ。 
あのロボットの手が下りてきておもちゃを掴んで持ってくるゲームです。 
本当は別なのがよかったのかも知れませんが選り好みをしている余裕はなくて、このクマのバレリーナが戦利品となりました。 
もうひとつは仲良しのクラスの女の子にもらったもの。 
何かのオマケについていた物らしいけど、プレゼントをもらったことがとってもうれしかったみたいです。 その場でつけて、カバンからブラブラさせながら帰ってきました。
実はのんくんも同じものをその子からもらったのですが、「オレは女のおもちゃなんかいらねー!」と思ったのかどうだったのか、彼のはまだ部屋に手付かずのまま置いてあります。(^^; 

で、それ以降、そのキーホルダーが気になるクラスメイトから「まーくんはゲイ」と言われていることがあると、先生から報告を受けたのはもう去年のことでした。 
なるほど、ピンクが女色だという認識なら、それをつけている男の子は…ゲイ?なのか??(笑) そう言えばむかし、お姉ちゃんのお古のピンクの自転車に乗っていた同級生が周りから「おかま~!」って呼ばれて学級会が開かれたことがあったな~なんて、その時私はその言葉の繋がりにあっさり納得したものでした。 
それから注意してみていると、確かに帰り際に「まーくんは女になるの~?笑」なんて言葉を後ろから浴びせかける女の子がいたりするのですが、まーくんはそれにもニコニコしながら「違うよ~ ずーっと男だよー」と言い返しています。 
その答えに「じゃ、ゲイになるんだ~」と返した女の子のセリフに一番驚いたのはその子のママで、「静かにしなさい!」とすごい剣幕で怒り、その子はバイバーイとまーくんに手を振りながらママに手を引かれて行ってしまいました。 

「ゲイ」という言葉を差別用語と認識するのは一部の大人だけなのかもしれません。 
その大人が不用意に発するこの言葉を聞いた子供が、見よう見まねでまたその言葉を口にする。 困った社会現象であることに違いはないですが、少なくとも私が聞いたその女の子の言葉にはそれほど毒々しいものは感じられませんでした。 
そして、まーくんにもそれがよくわかっているようでした。
それ以前に、ピンクが好きかとか、ゲイだかどうかということは、我が家の平左衛門にはあんまり深刻な問題ではないようです。 
「女になるの?」「女なの?」という素朴な質問(w)には「違うよ」と答える事に不便も感じていないようです。

夫に話すとちょっとひるんでいましたが(笑)、子供が子供ならその母親である私も私なのか…(^^; 
担任の先生にはご心配をかけているようですが、まーくんがゲイでもそうじゃなくっても、ピンク好きでも青色好きでも、私は一向に気になりません。 
まーくんが楽しければ、幸せなら、私もそれでいいのです。 

今、幸せなのか。 
毎日を楽しんでいるのか。

私が動くのは、まーくんの涙の最初の一滴が流れるような時まで取っておきます。
だからピンクのクマも女の子の人形も、今はそのままに。

毎日楽しかったのが楽しくなくなった時。  
平気なつもりだったのが、そうでもなかったのに気づいた時。
いつも彼の気持ちにちゃんと気づけるように、子供達と向き合って生きていく子育てをしたいなと思っています。



「Huh? ヘイジャイモン?(・・)」

と、ヒザの上で???顔のまーくんの頭を撫ぜながら。 
私もそんなまーくんを毎日見守るのが楽しいし、幸せだから。

一代目平左衛門も、まだまだ健在です。(^^)v
[PR]
by 4x4T | 2006-05-18 10:09 | 今日の出来事

母の日

何を隠そう、一家で一番の早起きはなんとこのワタクシです♪
いや、目が覚めたらじっとしていられないだけなんで、別に大して役に立つようなことをしているワケではないんですが。。。 ただ落ち着きがないだけともいう

で、母の日の日曜日の朝もいつものように、意味もなく早起きをして、まぁ洗濯機くらいは回しながらネットしたりしていたら、どこからかクスクス笑い声が聞こえてきました。 え~と、多分朝6時くらいかな。  

「母の日おめでとう! 秘密の朝ごはん作るから、2階に上がって絶対下りてこないでね」

そう娘が言った直後にまーくんが、「いちごとクリームのクレープだよ~!! あっ…」 とうっかり秘密をばらした自分にビックリして口を押さえました。 
押さえたその手の上にもお姉ちゃんの手が。。。(^^;  

大丈夫だよ、どんなのか見たことないから。 見たらママ絶対ビックリするし。(^^;

まーくんは何とか泣き出すこともなく、4人はパパの待つキッチンへ。
息子達にもせかされて二階に上がった私は、朝からゆっくりお風呂に入ることにしました。

ゆっくり浸かっていると、コンコンとノックがします。 外で私を呼ぶのはまーくんです。

「マミー、、、あのね、パパがね、いちごとクリームないんだって。 だからいちごとクリームなくてもいーい?」

あー そうだった? いちごもクリームもなかったよね 
マミーもどこから買ってくるんだろうと思ってたのよ~(^^;  
はーい、大丈夫で~す。 ケンカしないでがんばってね。


うちの家族は、都合の悪いニュースがあるときはいつもまーくんをメッセンジャーにするのです。まーくんは仕事をもらって喜んでやってるんですけどね。 

お風呂から上がって、髪の毛乾かして、お化粧して、、、 教会用の洋服に着替えて、TVつけたり消したりしてみて、、、ベッドにゴロゴロ転がってみたり、アイロンがけしてみたり、本のページをペラペラしたり、、、ペディキュアしようとしたところで、ドアの外からまたクスクス笑う声が聞こえました。 


ドアが開いて、何か可笑しくてたまらないという表情の4人の顔が覗きました。
親バカでもなんでもいいんですが、私がついつい見惚れてしまう4つの顔。

母の日のプレゼントはこれで十分だよな~。。。 なーんてね^^ 

More
[PR]
by 4x4T | 2006-05-16 09:27 | 今日の出来事

小さな命

日本では連休も後半に入った今週末でしたが、こちらでは普段と変わりない週末が過ぎようとしていました。 
午後になってちょっと早めに晩ご飯の下ごしらえをしていると、バン!と乱暴にドアが開いて、いつも注意しているのにまた~wと思いながら振り返った私には目もくれず、双子が2階に逃げていきました。 
構わず晩ご飯の支度を続けていると、今度は長女が入ってきました。 何かあった時、長女はすぐに顔色に出ます。 その時も顔面蒼白とまではいわなくても明らかに何かあった様子。。。

手に何か持っているようなので恐る恐る覗きに行くと、それは小鳥のヒナが顔を出している割れた卵でした。

先月軒下に吊るしてある玉シダの中に巣を作った小鳥(多分黄色いWren)がいて、それを見つけた子供達は大興奮だったのですが、巣立つまで延ばし延ばしににしていたけれど、とうとう出発が来週に決まった長期出張を控えた夫が仕方なく始めた手すり工事で大きな音をたてて、あっという間にいなくなってしまっていました。  
二日経っても親鳥は帰ってこず、残された巣の中には小さな小さな卵がひとつ。
イスに登っても巣の中まで覗けない弟たちに見せようと、あれだけダメだと言ってあったのに、長女は卵を手に取って、それをうっかり落として割ってしまったのでした。

「餌をあげたら元気になる?」

すがるようにそう言われても、羽化にはまだまだ早い長女の親指の先ほどのヒナです。  
死んでいるのかとじーっと見ていると、かすかに口が開きました。 

「ムリだよ~ こんなに小さいし鳴いてもないし…」

そうは言ったものの、他にかける言葉が浮かびません。
もう孵ることはないとわかっていた卵でしたが、自分が割ってしまって、そして中にうごめくヒナの姿を見てしまって、娘はかなりショックなようです。
(双子は「卵の中に目があった! もう卵はみたくない!!」と寝室まで逃げてました)



ずーっと昔、小学生だった私と弟の通学路の空き地でチャボが飼われていました。
私は弟と一緒に登下校時には必ず寄り道をしてパンくずをあげたりしていたのですが、ある日そのチャボがたくさんのヒヨコを連れていたのです。 
「まだ小さいからね、さわっちゃダメよ」と母からは言われていたのですが、ふわふわのヒヨコが私の手の平から餌をつつくようになった時、ガマンできなくてその小さな黄色と茶色の塊を手の平にすくい上げてしまいました。 
思ったとおり、見かけどおりのふんわりな感触で鳥肌が立つくらいゾクゾクして嬉しかったのを覚えています。 思わずもう片方の手でふたをするように包み込んで、頬っぺたまで運んで頬ずりしたり、弟とクスクス笑いながら小さなくちばしにちゅーしたりしてました。 

そして、そろそろ親鳥のところに戻そうとゆっくり手を開けた時、ヒナは私の手の平の中でぐったりして口をパクパクさせていました。 
ハッとして弟の顔を見ると、弟も心配そうに私を見ていました。 
あんなに気をつけていたつもりだったのに、たぶん強く握りすぎて圧迫してしまったのだと思います。 
大丈夫大丈夫、疲れただけだよ、地面に置けば元気になる、と自分に言い聞かせながら植木鉢のすぐ横にそっと置いたのですが、その黄色いふわふわが再び動き出すことはありませんでした。 
急に怖くなって弟をひっぱってそばに駐車してあった車の陰にしゃがんで、植木のそばの黄色い点をみつめていました。 
息を殺して、お願い、動いて!と祈るような思いで、心配した母が探しに来るまでずっとその点を見つめていました。
翌朝、学校に行く途中で弟と一緒にまたその空き地の前を通ったのですが、ちらっとみた植木のそばにはもうヒヨコはいませんでした。
(倒れてたヒヨコがいないから)「やっぱり治ったんだね!」といつものようにチャボの家族に走り寄ろうとする弟に私は「ダメ!行くよ!!」と叫んで、え~ヒヨコ見たい~とゴネる弟の手をひっぱってドンドン歩いて通り過ぎました。 

ヒヨコは死んだ。 私のせいで、死んじゃった。

その事実が身震いするくらい怖くて、それ以来チャボの飼い主の近所のおばちゃんに会っても前のように話したりはできず、空き地の前は息を止めて走って通り過ぎるようになりました。


いつの間にかそんなことがあったのも遠い記憶になって、私が中学生になった頃にはそのおばちゃんは引っ越して行って、空き地にはビルが建ちました。 
すっかり忘れていた当時の心境を、この日の娘の顔を見て思い出しました。



すっかり暖かくなってきましたが、昨日はちょっと肌寒くて小雨がパラついたりする一日でした。 
最近は態度も背丈もずいぶん大きくなってきた娘ですが、この時ばかりは小さく頼りなく見えました。 こんなこと言っても仕方ないと思いながらも、「お母さん鳥が戻ってこないと卵が壊れなくてもきっと死んじゃった赤ちゃんだからね」なんて言ってみる気の利かない母親を残して娘はまた外に出ていきました。  しばらくして窓から覗いてみると、ただ庭にぽつんと立ったまま、じーっと手の中のヒナを見つめているらしい娘の丸まった背中が見えました。  

「濡れたら風邪引くよー」
「うん。。。でもまだ時々動いてるから。 温めてたらピーピー鳴き始めるかもしれないし」

ずいぶん経ってから戻ってきた娘に、ヒナはどうだった?と聞くと、動かなくなってから玉シダの中の巣を取り出して、それと一緒に埋めてお墓を作ったと答えました。 
植木鉢のそばにヒヨコを置き去りにした私よりもスジが通っている感じがするのは、娘が当時の私よりも大きいからか、もともと彼女の方が繊細にできてるからか…。

寝る時になっても「来年もお母さん鳥はもう帰ってこないだろうね…」と悲しそうな娘に、その晩私は久しぶりに思い出したヒヨコの話をしました。
[PR]
by 4x4T | 2006-05-09 07:10 | 今日の出来事

でっかい林檎

e0014445_21525773.jpg今回の旅行は、娘と初の2人旅…といっても希望者のみ参加という、長女の学校のイベントだったのですが、ちゃっかり私も父兄引率付き添いとして参加してきました。

去年の夏このミドルスクールに通い始めた時、娘が持って帰って来たのがこの旅行の参加申込書でした。 3泊4日で行く遠方への旅行ということで、値段も私たちにとってはお安いものではありません。 

旅費は3回の分割払いかぁ~。。。 でも頭金は途中でキャンセルしてももどってこないのね。 
これからいろいろ予定してる出費だけでも結構あるからな~
分割でも貯金を下ろさずに全額払うのは無理かな。。。。。。。。


その頭金と申込書を提出するまでの期限はあと2日間。 
う~~ん…と思わず考え込んだ私を見て、「私は別に行かなくてもいいよ。 行かない友達だっていっぱいいるし。」と娘は明るくサラっと言いました。 

周りの雰囲気に流されて必要以上の無理をしてまで何かをするというやり方はうちではしていないので、まぁ友達が行くとかはあんまり関係ないんだけど…でもでもでも。。。
この旅行、絶対いい思い出になるんだろうな~ 娘は日本なら小6、私が初めて修学旅行に参加した年齢です。 不安と期待いっぱいで臨んだ修学旅行は家族旅行とはまた違って、たった何日間かでもいろんな意味でちょっと成長したような気がして帰って来たものでした。

行きたい?

「え?」

この旅行、行ってみたい?

「う、うん。 でも1人だとなんだか嫌かも。 だからいいよ、もう。 お金かかりすぎだし。」

いーや、あなたが行きたいんだったら行こう! 
お金なんて、何言ってるの。 そんなのねぇ、こういう時の為にいつも節約してるんだからママとパパにまかせときなさい。 1人が嫌ならママが父兄引率になるよ。 一緒にはずっといられないかもだけど、大丈夫!


。。。え~と。
私は周りの雰囲気には流されなくても結構自分のやせ我慢とか、子供の前でのカッコつけで無理をしてしまう母だったりします(^^;  
1人分でも大変そうなのに、2人分ってなんだよwって心の中で自分にツッコみながらこんなことを娘に約束してしまったのはかれこれ7ヶ月以上も前のことでした。 
夫もまとめて休みを取って息子たちと過ごす時間を楽しみにしてるみたいだし、私だって旅行中に娘の違う一面が見られるかもしれない、、、そんな期待もありました。 
それからは旅費の支払日が近づくたびにドキドキイライラ(笑)


それでもちゃんと払いましたよ! そして行ってきました!!

そして行った先は、、、
[PR]
by 4x4T | 2006-04-15 22:28 | 今日の出来事



働く主婦です。        毎日がんばってます。     どうぞよろしくv
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
私のお気に入りリンクv
私が毎日のようにお邪魔してしまうお気に入り♪  管理人の方々それぞれとっても個性的で楽しいです。


◇ワルシャワうわの空
~お弁当編~


◇Mother Leaf

◇ハナウタ

SUNNY SIDE UP*CAFE

脱サラ研究員の妻ラン子の生活

◇☆☆ 結婚します! ☆☆

息子+双子娘 育児日記2.0

サウスキャロライナ・クロニクルII

◇Pink☆frog
tomokerockの今日もしあわせ


◇mon petit cochon

◇Oh! My GodS!

MAIL 使用一時停止
お気に入りじゃないんだけど^^;
ご用の方はこちらまで。 
連絡用にでもお使いくださいv


最新のトラックバック
regis univer..
from regis university
effects peri..
from effects periac..
lulu ffx
from lulu ffx
golf shipping
from golf shipping
jimmy eat wo..
from jimmy eat worl..
nylon stocki..
from nylon stocking..
summary of j..
from summary of jan..
url
from url
1 grader ide..
from 1 grader idea ..
anal big fuc..
from anal big fucki..
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧