Once upon a time

<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

午前10時22分の男

最近学校の話が多いけど、何だか面白かったことがいろいろとあって… 夫に話しても反応がイマイチなので(私がしゃべりすぎ?)ここで晒すことにします。 

つまらなかったらごめんね(^^;

―――――――――――――――――――――――――


5年生のクラスに通うようになってから、朝必ず授業中にトイレに行く男の子がいます。 
ジャスティンというその男の子は、クラスでも結構人気者で顔も女の子みたいにかわいい生徒です。 
ハンサムなんだろうけど何と言うか、「愛くるしい顔」っていうの? 赤ちゃんの頃もさぞかしかわいい顔をしてたんだろうなぁなんて思うその彼は昔からどこのクラスにも必ず一人はいるような、授業中に毒はないけどクラスをドッと湧かせるようなジョークを飛ばすのが好きな男の子です。 ちゃんとコトの限度も心得ていて収拾がつかなくなるほど騒ぐわけでもないし、勉強は好きじゃないようですが私にとっても扱いやすい生徒でもあります。

3時間目の授業の途中に彼は必ず教室の一番後ろの席から大真面目な顔をしてやってきて、「トイレに行ってもいいですか?」と聞いてきます。
大抵はそれほど問題もなく許可していたのですが、ちょっと前たまたまこれから細かい説明をしようとしていたところだったので、もうちょっと待つように言いました。 
すると彼は大げさに床に座り込んで、身をよじりながら「漏れるよ~ そんなに待てない今すぐ行かないと~!!」と騒ぎます。 なかなか迫真の演技でした(^^;
ウルサイのでじゃあすぐ行って早く戻ってきてよと言いうがいなや、教室を飛び出していきました。

次の日も、またその次の日も。 
気をつけていると、彼がトイレに行くためにガタンと席から立つのはいつも10時22分。 
もっと注意していると、10時15分を過ぎた頃から教室の時計を見ながらソワソワし始めるようです。
ある日の10時22分に、なんでいつもこの時間になるとトイレが近いのか聞くと、彼はニヤっと笑って何も言わずに行ってしまいました。 
 

ますます謎だ~w
[PR]
by 4x4T | 2006-01-29 00:00 | 仕事

コンプレックス

先日、朝8時からのちょっとした表彰式でのんくんも表彰されることになったので、気の利くオフィスの人の好意でちょこっとだけ私も出席することができました。

ちょっと遅れて行くと校長先生がお話をされているところで、のんくんも大人しく他の生徒たちと座ってじっとしいるのが見えたので、私もコソコソと後ろの父兄席に座りました。
お話の後、校長先生のアイディアで父兄が自分の職業と子供の名前を入れての自己紹介をすることになりました。

校長先生の意図はきっと、その自己紹介を通して生徒たちが友達のお父さんやお母さんの職業をより身近に感じたり興味を持つためということなのだと思います。 
現に私がざっと覚えているだけでも、デパートの販売員の方、警察の方、ニュースキャスターの方(TVの印象より小さい人だった(笑))、中古車販売店の経営者、レストラン経営の方、近所で最近オープンしたアイスクリーム屋さんのオーナー(子供達が一番感心してました(笑))、ウェイトレスをしている方、銀行にお勤めの方、スーパーのレジをしている方など…まだまだたくさんいて、大人の私も本当にいろんな職業の方がいるんだなぁと思いながら聞いていました。

その中に、ひとりの小さいお子さんを連れた奥さんがいました。

「専業主婦です、心理学の博士号を持っています。」
(I'm a housewife but, I have a doctor's degree in Psychology.)

忙しい朝の時間、小さい子供を二人連れての授賞式の参加です。 
賞をもらうことになった息子さんの為にがんばって来られたんでしょうが、なんだか面白い自己紹介だな~と思いました。 
確かに努力なしでは取得できない立派な学歴だけど、そんなこと誰も訊いてないのに。 
毎日家族の為に働いてまーす。専業主婦です。というのでは物足りないんでしょうか? 

子供達は無反応だし、私にはかえって彼女のコンプレックスが浮き彫りになったような気がしました。 
その後も自己紹介をする専業主婦の方がちらほらいたのですが、何だろう、、、しょっぱなの彼女の自己紹介の影響なのか、中には「私はただの専業主婦です」なんて言ってしまう人から、もともと外で仕事をしていた自分がどういう過程で専業主婦になったのかをくわしく説明する人もいたりして、何だかフシギな感じでした。 

こういうことをコンプレックスっていうのかしら? 
それともそんなことにいちいち気がついて、意識している私の方が何かコンプレックスを持っているの?  

今のこのご時世なので無職の男性の方もいましたが、おどけて「今は主夫をやっています」と言って笑う人や「今職探し中です」とおっしゃる方もいました。 それはそれで子供達がどう受け取ったのかは分かりませんが、少なくとも私には一番最初の専業主婦の方の自己紹介ほど不可思議な感じには聞こえませんでした。 ますますフシギだ~(・・

More
[PR]
by 4x4T | 2006-01-27 08:18 | 独り言

雑談

なんだかんだ言いながら、まぁまぁな出だしの5年生のクラスなのですが、授業中に私が無駄話で時間を取ることも出来ないので(そうです。まだまだいっぱいいっぱいでやっているの(泣))、毎日顔を合わせている時間が長いわりには子供達と個人的な交わりを持つ機会って結構少なかったりします。 
で、みんなとの会話の時間って、ランチの時間に集中するんです。  

「Ms. Nanaって何歳?」  いいえ、クラスの悪ガキからのこんな質問くらいで動揺したりしません。(-n-)

何歳だと思う?  ←飲み屋さんで交わされそうな会話(笑)

「う~~ん…19歳」 

もっと全然年だよ~ ^▽^ ←子供の発想なのをすっかり忘れて有頂天の笑顔

「じゃぁ… 60歳」

なんでよw (TT) ←現実に引き戻されるw



5年生って、一丁前なこと言ってたりするんですが、感覚はまだまだ未熟っていうか、19歳と60歳って、どう考えてもおかしいだろwっていうツッコミは通用しないようです。  
本当の年齢をいうと、「げっ ボクのお母さんよりも年上じゃ~ん!」なんてビックリされました(涙)

そしてその次は
[PR]
by 4x4T | 2006-01-25 20:11 | 仕事

空の下で

今年に入ってすぐ、とても大きな問題を抱えた友人が我が家に滞在していました。
私が手助けできるような簡単な問題ではなかったので、一緒に手をこまねくくらいしかできなくて、何をしていいかもわからなくてただ彼女が壊れてしまわないかとハラハラしながら見守るだけでした。 

去年ミドルスクールに入学して、説明会で案内があった時から娘が楽しみにしていた天体観測会は今週の金曜日の夜でした。 
もともとは、その後ほぼ徹夜で行われるパーティには娘だけ参加、天体観測会には家族全員で参加希望していたのですが、友人を独りにしておくのが心配だったので、夫が子供たちを連れて5人で参加することになっていました。 

早めに夕食を取って、さてそろそろ…という時、ずっと塞ぎこんでいた彼女が「私も行っていいかな?」と訊いてきたので、予定を急遽変更して、家族全員+友人での参加になり、私もちょっと嬉しくなって、久しぶりにブログをちょこっと更新して出かけました。

More
[PR]
by 4x4T | 2006-01-21 23:59 | 今日の出来事

Long time no type

実はただ今我が家には同居人が一人いたり、その件でちょっと立て込んでいることもあったりして、そっちの方に時間が取られてなかなか更新できない状況にあります。
更新できないばかりか、今や私の日課となっている、ネットでできたお友達のサイト巡りもなかなかままならないありさま(++)
10分とか、20分とか、見つけた時間でちょこちょこみなさんのところを出たり入ったりしている状態です。 

更新が滞り中だからといって、な~~んにも書くことがない毎日を過ごしているかと言えば、そんなこともなく。。。
楽しいことや、たまにはくやしいこと、いろんなことのあったこの一週間でした。 あー疲れたw



でも今日は金曜日♪ 
別に仕事が嫌なわけじゃないけれど、やっぱりうれしいもんです^o^

あいにくロマンチックなデートの予定はないですが、『スターゲイズ』という催しで娘の学校に家族全員で天体観測に行ってきます。
娘はそのまま朝まで学校で泊まり、私達は10時ごろまで天体望遠鏡を持参で宇宙を漂ってきますv  

子供達の目標は、土星のリングを見ることと、月のクレーターを見ること。
私と夫は、、、天体望遠鏡の順番は廻ってきそうにないので、星座の本でも持って行って、のんびり夜空を眺めてこようと思います。

今夜の空は澄んでそう^^



それではまた後ほど~(^ー^)
[PR]
by 4x4T | 2006-01-21 05:36

シュワナ

まだ何もここには書いてなかったけれど、1月5日から無事始まった5年生との学校生活は、、、まずまずの滑り出しというか、すでに波乱万丈というか。。。(笑)
いやいや、毎日勉強させてもらってます。 負けてませーん!(^_^;

そんな強がりをいいながら、実は早くも発熱で一日お休みなんかしちゃってました。 
一日自宅療養して(仮病じゃないぞ~!)、翌日はスッキリ、張り切って人の少ない開校前の校内をすたすた教室まで歩いていると、後ろから声をかけられました。 
振り返ると、5Cの担任の先生です。  
この先生はなんだか気難しくって、私はちょっと苦手な感じだったのですが、その朝はニコニコ話しかけてきました。 よく聞いてみると、なにやら「Good News!」ということで、本人は上機嫌です。 なんなんだw

More
[PR]
by 4x4T | 2006-01-14 10:18 | 仕事

Micro Universe

家では子供達が集まるといつもとってもさわがしい毎日です。e0014445_615255.jpg
子供4人分の友達も遊びに来るので、だからやかましいのかというとそういうわけでもないのです。 
大人の会話に割り込むのは一応禁止にしてある我が家ですが、子供達と5人だけで囲む夕食時などは、その日学校であった出来事や宿題の後観たTV番組の面白かったエピソード、4人の子供達の話題は尽きることはありません。 
ふと気づくと私一人で相づちをうったり頷いたり、聞き手専門でご飯をモグモグ食べていたりします。 そんな賑やかなご飯の時間に、ずっと気になっていたことがありました。 

それはまーくんの「どもり」です。 

More
[PR]
by 4x4T | 2006-01-13 06:27 | 家族

17歳バトン

Mother Leafのkaoさんから廻ってきたのよ~んv

お暇な方はどーぞ♪
[PR]
by 4x4T | 2006-01-11 04:17 | バトン

きっかけ

夫との結婚を決めた時、結婚のきっかけは?という質問をよく受けました。

「私が学校から帰ったらね、仕事だったはずの彼が廊下で待ってたの。 
正式に付き合い始めてから1年位してからかなぁ。。。 あー来てたのvって、ドアを開けて先にアパートに中に入って、振り向いたら結婚しようねって指輪をくれたよ。」

私は決まってそう答えました。 それは夫も同様で、上記の話をそのまま英語にして実家に戻った時に友達に話したりしてました。

でも本当は違うんです。(笑)  
いや、話したことは本当にあったことだけど、本物のプロポーズというか、要するに私たちが初めて結婚を意識した「きっかけ」というものはもっとずっと前にありました。 ただそれが聞き手がガッカリするくらい些細なことだということと、なんだか照れてしまうからということで、秘密というよりは今まで言いそびれてしまっていたのかもしれません。


これからずっと一緒にやっていこうっていう、結婚のプロポーズは未来の約束です。 
「プロポーズのきっかけは?」なんて聞かれるけど、誰にもわからない未来の約束事に踏み切る理由なんて、そんなにハッキリとしたものが普通はあるものなのでしょうか。 
例えば「価値観が似ているのに気づいた時」なんて一見現実的に聞こえるけど、そんなものは一瞬のうちに変わってしまうかもしれません。 

英語ではカップルの片方をBetter Halfなんていう言い方があるくらい、カップルになった相手と「ひとつになった」として結婚を神秘的に捉えたりします。 
決めた相手と実は生まれたときから繋がっていた運命の赤い糸なんて目に見えない力を信じる人もいます。 
結婚を今の社会での合理的な生活習慣の一例として考える私は、結婚相手に出会うまでの自分が「半分」だなんて一度も思ったことはないし、赤い糸はロマンチックだとは思っても信じていないのかもしれません。
長く生活を共にしてきた夫との関係も、「理想のタイプは?」「夫!」とか、「尊敬する人は?」「夫!」とか、即返できるようなものでもないと思います。 たぶんそれはお互いにw  
パートナーを崇拝するわけではなくて、気の合う相手とお互い刺激し合いながら、そしてあわよくば、たまには欠点をフォローし合いながら成長していければ、、、くらいの気持ちで私たち夫婦は今までのほほんと生きてしまっています。  役割分担は機能的だし、苦しい時に助け合う気はあっても、夫が自分でできることを私がわざわざやって、それで幸せを感じたりはできません。 
お互いの全貌を見失うほどの至近距離でただお互いだけを見つめ合うよりも、少し離れて様子を見ながらなんとなく同じ方角に歩いていくというスタンスをいつからか選んでいました。

そういう結婚観の一番先端部分にある「きっかけ」という部分に私が少しこだわってしまったのは、やっぱり周りの影響を受けていたのでしょうか。

More
[PR]
by 4x4T | 2006-01-06 08:43 | 独り言

お正月にすることと言えば。。。

e0014445_23274639.jpg


凧揚げでしょ!  

ということで、"週末は凧揚げ行こうね~"なんて約束をしていたものの、元旦早々から急なお客さんがあったり、2日は集中豪雨で雷雨竜巻警報まででるような大荒れなお天気。 
延びに延びていた我が家の凧揚げ大会(?)は雨の上がった1月3日に行われました。 

子供の頃、お年玉の代わりに毎年凧をくれる近所のおじさんがいたので、お正月のご挨拶や親戚周りが終わると私と弟達は新しい凧を持って近所の公園まで走って行くのが恒例でした。 
当時流行っていたと思われる「ゲイラカイト」とか、懐かしいな~。 あんまり走らなくてもぎゅいーんっとどんどん揚がっていくの。
子供会なんかで和紙と竹で作った四角い凧よりも全然高く揚がっていく三角形のギロギロ目玉がついたゲイラカイトをもらった年は、すごいな~!と感動しました。
下の弟が途中で転んでせっかくの凧を壊してしまうなんてハプニングがあった年もありましたが、大抵は公園まで無事にたどり着き、いつもは仕事以外で見かけることの少ない父が「帰るぞー」と呼びに来ても結局そのまま凧揚げに巻き込まれて(笑)、待ちかねた母が自転車で来るか、バイクの祖父が「早くしろ~」と連れに来るまでずーっと公園のグラウンドを走り回っていました。 

♪お正月には、凧揚げて~ コマを回して遊びましょ♪

というくらいなので、当時の公園の広いグラウンドでも凧の糸が絡まってしまうくらいたくさんの子供達が凧揚げに興じていたあの頃でしたが、今はどうなんでしょうか? 
コマはべイブレードとかあるからやる子はいるのかしら?
凧揚げした人、います? 

More
[PR]
by 4x4T | 2006-01-05 00:22 | 今日の出来事



働く主婦です。        毎日がんばってます。     どうぞよろしくv
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
私のお気に入りリンクv
私が毎日のようにお邪魔してしまうお気に入り♪  管理人の方々それぞれとっても個性的で楽しいです。


◇ワルシャワうわの空
~お弁当編~


◇Mother Leaf

◇ハナウタ

SUNNY SIDE UP*CAFE

脱サラ研究員の妻ラン子の生活

◇☆☆ 結婚します! ☆☆

息子+双子娘 育児日記2.0

サウスキャロライナ・クロニクルII

◇Pink☆frog
tomokerockの今日もしあわせ


◇mon petit cochon

◇Oh! My GodS!

MAIL 使用一時停止
お気に入りじゃないんだけど^^;
ご用の方はこちらまで。 
連絡用にでもお使いくださいv


最新のトラックバック
regis univer..
from regis university
effects peri..
from effects periac..
lulu ffx
from lulu ffx
golf shipping
from golf shipping
jimmy eat wo..
from jimmy eat worl..
nylon stocki..
from nylon stocking..
summary of j..
from summary of jan..
url
from url
1 grader ide..
from 1 grader idea ..
anal big fuc..
from anal big fucki..
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧